復縁において重要な連絡のタイミングについて詳しく解説していきます。

MENU

連絡するタイミングの重要性

別れた元カレへ連絡する際はタイミングが重要です。
しっかり冷却期間を作ることと、間隔を空けすぎない絶妙なタイミングを逃さないようにしましょう。
復縁確率を高める連絡タイミングの見極め方と、シチュエーション別の最適な連絡方法をまとめました。

 

 

別れ方に応じた対処法

スマホで元恋人と連絡を取る

勢いに任せて自分から別れを切り出してしまった場合は、なるべく早いタイミングで連絡を入れることが望ましいです。
自分から別れ話をした場合でも、相手を怒らせるようなケンカ別れをした場合は適度な冷却期間を取りましょう。
相手から別れ話をされた場合は、怒っているか気持ちが冷めている可能性が高いです。
この場合は、一度間隔を空けて相手の気持ちを落ち着かせる冷却期間を作りましょう

 

 

適切な冷却期間

冷却期間は最短で3日ほど、長い場合は最長1年程度で復縁に成功する事例もありますが、1~3ヶ月以内に連絡することが望ましいです。
相手の気持ちが離れていってしまった度合いと比例して冷却期間を長く取るのがセオリーです。
別れ話をした際に、必死に別れないようにお願いしたけど受け入れてもらえなかった場合は、最低でも1ヶ月以上空けるとよいでしょう。

 

 

相手が怒っている時は軽い連絡を

相手を怒らせて、話し合いの末に別れる決定になった場合、すぐに復縁を迫るのはNGですが、謝罪のメッセージを入れておくと後々有利になります。
「私が全部悪かった。嫌な思いさせちゃってごめんね」などの連絡を別れた直後に入れておくことで、別れた原因に対して反省し、強く想っていることをアピールできます。
復縁の連絡は必要に応じて、軽いジャブと本格的な復縁を目的にした連絡を上手に使い分けることが大切です。

 

 

イベント日をチェック

イベント日など特別なタイミングは、別れた元カレへ自然に連絡できるチャンスです。
もっとも効果的なのは誕生日や付き合った記念日、年越しなどがあります。
別れた日から1ヶ月以内に自然な連絡をできるイベント日があれば、当初から連絡する予定を決めておくのも一つの手です。

 

 

相手のモテ度・新恋人の有無

復縁するタイミングは相手のモテ度と新恋人の有無によって変わります
モテ度については、自分と付き合う前に彼女がいなかった期間を参考にするとよいでしょう。
すぐに新恋人ができる可能性が低い(新恋人の有無を把握できる)場合は、1ヶ月前後のタイミングでの連絡が効果的です。
1ヶ月ほどの期間を空ければ、しっかり冷却されて恋人がいない寂しさや新しい恋人をすぐに作れないストレスから、考え直してもらえるチャンスが大きくなります。

 

モテ男ですぐに新しい恋人を作った場合、新恋人ができて間もない時期は隙がありません。
この場合は、3ヶ月ほどの期間を空けてから連絡することが望ましいです。
新しい恋人ができて数ヶ月経過すれば、新恋人に対する不満が色々と増えていきます。
こうしたタイミングで、「今の彼女よりも元カノの方が良かった」と思ってもらえれば、復縁できるチャンスが大きいです。

 

 

顔を合わす環境なら自分を磨く

同じ学校、勤務先など別れた後も顔を合わせる機会があるなら、別れた時よりも魅力的な女性になるように自分を磨きましょう
もっとも効果的なのはダイエット。続いて髪型の変更が効果的です。
自分自身がレベルアップできたタイミングで連絡すれば、再び振り向いてもらえるチャンスが高くなります。

 

 

まとめ

元カレへ連絡するベストなタイミングは、状況によって変わってきます。
感情や勢いに任せて連絡するのではなく、相手の気持ちを考えて戦略的に連絡するタイミングを決めることが重要です。
状況に応じて、復縁を迫る内容ではなく謝罪や自分の報告、相手の心配など軽い連絡を入れる方法も効果的ですが、間隔を狭めた連絡は「重たい」、「面倒くさい」と思われない配慮をしましょう。
連絡しない間は、自分を磨いて魅力を高める努力を忘れないようにしてください。